スタッフ

2016年5月25日 水曜日

「熊本市リフォーム」 靴は語る:震災後も来て頂ける有り難さ

【発行先情報】 株式会社リ・ホーム熊本   
〒861-8038 熊本県熊本市東区長嶺東5丁目8-10

小さな工事から家一棟まるごとリフォームまで/住宅リフォームからリノベーションまで
リ・ホーム熊本におまかせ下さい!

【熊本県はもちろんのこと、九州各県(遠くは沖縄の那覇、鹿児島から)・東京・神奈川(横浜・横須賀・辻堂)・千葉(千葉市)・埼玉(戸田市)・栃木(宇都宮)静岡(熱海)・愛知・三重県・大阪奈良・広島から、そして東北の宮城県は仙台市からもお問い合わせを頂いています。皆様有難うございます。】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2016.05.25

【平成28年熊本地震】から一ヶ月と10日が過ぎました。
まだ時折余震が続きます・・・

今朝の新聞記事では、「家で寝るよりテントの方が良い。」と言う内容の
記事が載っていました。

余震の揺れと音の恐怖は、
大勢の人のトラウマになっているのかもしれませんね。

早く余震がおさまり、復興への弾みがつくように祈りたいと思います。

ご自宅にダメージを負った方々(私たちスタッフも)が一日も早く安心して暮らせるような
環境になって欲しいものですね。


弊社のショールームへも、地震被害関連のご相談でご来場のお客様が
今までにないほどの数となりました。
『災害復旧したい』
『災害を機に前倒しにリフォーム時期を早めたい』

というお客様です。

ちなみに、今月の弊社ホームページには、
一般リフォームに加え、地震関連でのお問い合わせ件数が
通常を大きく上回る1日に2件のハイペースとなっています。

たくさんのリフォーム業者さまがいる中で、
弊社にご相談頂ける有り難さが身にしみます。

私たちも、できる限り被災されたお客様のご負担を重くしないように
ローンプラザのスタッフや工務部、設計部、お客様担当のスタッフが一丸となって
皆さまと共に解決策を見出したいと思っています。


5月になっても、ご来場者の姿が続きます・・・
写真はその中の一例です。

お子様連れのご夫婦
靴が離れているけど、仲良しのご家族ですよ(^_^;)


若いご夫婦


ふた組み同時のご後来場。 


ご婦人お一人とご夫婦のふた組み同時。


息子さんを連れてのお父様


男性お一人、小さなお子様連れのお客様のふた組


れぞれの思いを胸にショールームへ来て下るお客様のために
私たちも皆様に寄り添って、
快適な空間づくりのお手伝いをしたいと思います!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  社屋とショールーム・ローンプラザルーム
  弊社のショールームはキッチンやトイレ、洗面所などの商品を展示はしておらず、
 リフォームやリノベーション後のお部屋の雰囲気を感じ取っていただいたり、
 アイデアを見ていただく作りとなっています。

  ↓          ↓          ↓

image1










image1

 

 関連ページ
 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私たちはお客様の想いを知ることから始めます!




リ・ホーム熊本の『ローンプラザ』ご存知ですか?
『資金の問題でリフォームできなかった!』という皆様のために・・・・・ 

投稿者 株式会社リ・ホーム熊本 | 記事URL

2016年5月12日 木曜日

「熊本市リフォーム」 東京の民放キー局様より密着取材を受けました

【発行先情報】 株式会社リ・ホーム熊本   
〒861-8038 熊本県熊本市東区長嶺東5丁目8-10

小さなリフォームから家一棟まるごと総合リフォーム『まるで新築くん』まで・・・
熊本県や熊本市の住宅、マンションリフォーム・リノベーション・ペットリフォームは
リ・ホーム熊本におまかせ下さい!

【熊本県はもちろんのこと、九州各県(遠くは沖縄の那覇、鹿児島~福岡)・東京
神奈川(横浜・横須賀・辻堂)・千葉(千葉・船橋市)・埼玉(戸田市)・栃木(宇都宮)
静岡(熱海)・愛知・三重県・大阪奈良・広島から、そして東北の宮城県は仙台市か
らもお問い合わせを頂いています。皆様有難うございます。】


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2016.05.15

5月5日、
在京民放キー局5社の内の1社である○○テレビ報道局社会部スタッフ様が弊社を取材なさいました。

取材内容は、『熊本地震』災害の対応に関する密着取材です。

下の画像は午前中の取材を終えて、弊社のショールームで昼食を取られている時のものです。
一緒に回った弊社のスタッフと職人さんもご一緒させて頂きました。(テレビ局の方は3人様)


尚、お顔はプライバシー保護のため撮しておりません。


テレビ局名については、
「放送局へリンクを貼っていただけるならば名前を出しても大丈夫です。」と
担当者様から口頭ですがご許可を頂きましたのでここでお知らせさせて頂きます。

その放送局はフジテレビ様でした。
担当者様のお名刺↓



今回の事の経緯は・・・
5月4日に弊社へフジテレビ様からの電話コールが響きました。

「フジテレビと申しますが、御社ではこの度の『熊本地震』の対応をしていらっしゃいますか?」とのお問い合わせ。

「弊社はすでに5~600件を超える対応をさせていただいています。」とお答えしたら、
たいそう驚かれて、「よろしければ密着取材をさせていただけませんか?」とのお願いでした。

弊社もそういう事ならばとお受けしたところ、
何と、その翌朝から取材がスタート。
そのフットワークの素早さはさすが放送局です!

ちなみに、その番組は5月10日に放送されたそうです。
(弊社の客様から「さっき、テレビでリ・ホームさんが出てたよ!」と連絡がありました。)

残念ながら、ほとんどのスタッフは放送を見ることができなかったのが心残りですが・・・(^_^;)


地震が発生して、もうすぐ一ヶ月が経とうとしています。

しかしながら、震災の爪あとはまだまだ色濃く残っています。
今日もスタッフが南阿蘇のお客様宅へ向かう途中、激震地を通りました。

そこには、まるで戦争で破壊されたかのような凄まじい光景が目の前に広がていたそうです。
たぶん見た人は言葉を失うことでしょう・・・

時は無情に過ぎて行きますが、
その惨状を人々に発信して記憶と記録に残すこと。
一日も早い復興につなげること。
被災者の皆様が早く安心できる環境で暮らせるようになること。
そしてこれを教訓として、未来に活かすこと。

そんな時こそ、テレビの力が大いに発揮できるものと思います。

そんな使命を背負って報道を続けるテレビ局のお手伝いが出来て
弊社も幸せです。

※追記
在京民放キー局のフジテレビ様から電話を受けたとき、
以前、東京の超有名な芸能プロダクション様から頂いた電話のことが頭をよぎりました。

【あの有名芸能プロダクション様からお問合せを頂きました!】(2015年09月UP)


◆  ◆  ◆  ◆  ◆ ◆  ◆ ◆
私たちは
お客様の想いを知ることから始めます!

image1image2




リ・ホーム熊本の『ローンプラザ』ご存知ですか?

『ローンプラザ』ではライフプラン作成のお手伝いや減税対策のアドバイスも行っています。
ご相談はFP(ファイナンシャルプランナー)のいるリ・ホーム熊本の『ローンプラザ』へお気軽にどうぞ。

投稿者 株式会社リ・ホーム熊本 | 記事URL

2016年5月 5日 木曜日

「熊本市リフォーム」 救援物資に書かれた心揺さぶるコメント

【発行先情報】 株式会社リ・ホーム熊本   
〒861-8038 熊本県熊本市東区長嶺東5丁目8-10

小さな工事から家一棟まるごとリフォームまで/住宅リフォームからリノベーションまで
リ・ホーム熊本におまかせ下さい!

【熊本県はもちろんのこと、九州各県(遠くは沖縄の那覇、鹿児島から)・東京・神奈川(横浜・横須賀・辻堂)・千葉(千葉市)・埼玉(戸田市)・栃木(宇都宮)静岡(熱海)・愛知・三重県・大阪奈良・広島から、そして東北の宮城県は仙台市からもお問い合わせを頂いています。皆様有難うございます。】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2016.05.05

【平成28年熊本地震】が発生し、半月が過ぎ
カレンダーは5月になりました・・・

まだまだ、あちらこちらで地震が残した傷跡は残っています。



弊社スタッフの家でも、住むことができないとの判定が下ったそうです・・・

そんな中、

各市町村の職員さん・自衛隊・警察・消防隊・レスキューの皆様も全身全霊で
職務に当たって頂いています。



救援物資が届けられたり。


たくさんの地域で募金活動をしてくださったり、


ボランティアの方々が全国から集まって、奉仕活動を
してくださっています。


また、有名人の方も匿名でご奉仕して下さったり、

漫画家のくまモン入のイラストがCMになったり、
(被災地の熊本と大分でだけ放送。)

そのほかにも数え切れない程の方が熊本・大分のために声を上げ、
行動してくださっています。

※画像は全てインターネットのフリー素材を加工のうえ使用させていただきました。

熊本・大分の被災者ために思って下さる皆様に、
心より感謝申し上げます。
有難うございます。

皆様の温かな思いがこの地に集結しています。
被災地である熊本・大分ですが、
皆様の心がこの地域に集まり昇華して、
ものすごいパワースポットに変わることができたら素晴らしいなと思
うのは私だけでしょうか?

激震地の益城町では、り災証明書の受付も始まったようです。
どうか再建・復興に向けて弾みがつきますように・・・



弊社が加入している『日本住宅リフォーム産業協会(通称ジェルコ)
 (※国内最大の「リフォーム関連企業」の全国組織)
の九州支部や中国四国支部から救援物資をいただきました。
今私たちは、頂いたその物資をお客様にお分けしています。

 ジェルコの救援物資関連ページはこちら
 ・JERCO九州支部様(福岡)より救援部隊到着!感謝します
 ・JERCO九州支部の皆様"熊本地震"の救援有難うございます
 ・JERCO中国四国支部より救援頂きました、感謝致します!
 ・ 靴は語る:お客様から元気をいただいています!

その救援物資ですが・・・
中国四国支部では一般の皆様へも救援を募っていただき、
多方面から物資が集ったそうです。

そして、その救援物資の一つに素晴らしいコメントが書かれていましたsign03
                                 


こんなにも心を揺さぶる言葉が、遠く離れた見ず知らずの人から届けられる。
『有難い』という言葉はこのようなことをいうのでしょう!
『思いは時空を超える』ことをしみじみと感じます。

皆様の応援を胸に、私たちも心のエネルギーを満タンに近づけて、
お客様のお役に立ちたいと思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私たちはお客様の想いを知ることから始めます!




リ・ホーム熊本の『ローンプラザ』ご存知ですか?
『資金の問題でリフォームできなかった!』という皆様のために・・・・・ 

投稿者 株式会社リ・ホーム熊本 | 記事URL

カレンダー

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

月別アーカイブ

お問い合わせ