スタッフ

2017年2月23日 木曜日

「熊本市リフォーム」 女の子の優しい心が広げた感動の輪!

【発行先情報】 株式会社リ・ホーム熊本   
〒861-8038 熊本県熊本市東区長嶺東5丁目8-10

小さな工事から家一棟まるごとリフォームまで/住宅リフォームからリノベーションまで
リ・ホーム熊本におまかせ下さい!

【熊本県はもちろんのこと、九州各県(遠くは沖縄の那覇、鹿児島から)・東京・神奈川(横浜・横須賀・辻堂)・千葉(千葉市)・埼玉(戸田市)・栃木(宇都宮)静岡(熱海)・愛知・三重県・大阪・奈良・
広島から、そして東北の宮城県は仙台市からもお問い合わせを頂いています。
皆様有難うございます。】


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2017.02.23

先日、コンビニで買い物をしていたら、
とっても嬉しい光景に出会いました。

ぜひホームページでお伝えしたいと思います。
お読みいただけたら嬉しいです。


画像はイメージです。


あるコンビニでのワンシーンです。

レジ前に行列ができていました。

その中に、
髪をポニーテールにした小学校低学年の女の子がいました。

手にはお菓子をしっかりと握り締め、嬉しそうにレジに並んでいます。

レジのバーコードリーダーの読み取り音もピッピッピッと軽快に響く中、
やがて順番が近づいてきたその時、
女の子は、
レジの横に置かれていたある物を見つけて足を止めました。

その子の視線の先にあったものは・・・
震災被害に対する『募金箱』でした。


画像はイメージです。

ほどなく、何かを決心したような表情の女の子は、
持っていたお金をその募金箱に入れました。

小さな手から離れた硬貨が、
募金箱の中でチャリンッと小さな音を立てました。

そして、握り締めていたお菓子を元の場所へ戻しに駆け出しました。
後ろ姿のポニーテールが揺れています。

それを目の当たりにしたコンビニの女性スタッフ。
女の子の背中に向かって「ありがとうございます!」と嬉しそうな声が響きました。

と同時に、周りにいた人の顔にも笑がこぼれ、温かな雰囲気に包まれました。

こんな素敵な光景を見て、おそらくジーンとこない人はいないでしょう!


その子にとっては大切なお小遣いだったでしょう。
ひょっとして、その子自身も「熊本地震」の被災者なのかもしれません。

でも、
なけなしのお小遣いで大好きなお菓子を食べる楽しさよりも、
被災者への想いを優先しました。

今の自分が他人にしてあげられる精一杯の事を選んだ行動は
とても素晴らしいと思います。

そして、
こんな優しいお子さんにお育てになったご両親やご家族も
きっと素敵な人たちなのでしょうね!

子供にとってはけして小さな金額ではないはず。

でも、その価値のあるお金と優しさは
きっと被災地に届くことでしょう。


マザーテレサの格言集にこんな言葉が載っていました。

"大切なのは、
 どれだけたくさんのことをしたかではなく、
  どれだけ心を込めたかです。"


私たちリ・ホーム熊本も、
たくさんの地震災害復旧工事で多忙な日々を過ごしていますが、
はたしてどれだけ心を込めているのか・・・・

それを思い起こさせる素晴らしいひと時でした。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私たちはお客様の想いを知ることから始めます!




リ・ホーム熊本の『ローンプラザ』ご存知ですか?
『資金の問題でリフォームできなかった!』という皆様のために・・・・・ 


投稿者 株式会社リ・ホーム熊本

カレンダー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
お問い合わせ