スタッフ

2016年5月 5日 木曜日

「熊本市リフォーム」 救援物資に書かれた心揺さぶるコメント

【発行先情報】 株式会社リ・ホーム熊本   
〒861-8038 熊本県熊本市東区長嶺東5丁目8-10

小さな工事から家一棟まるごとリフォームまで/住宅リフォームからリノベーションまで
リ・ホーム熊本におまかせ下さい!

【熊本県はもちろんのこと、九州各県(遠くは沖縄の那覇、鹿児島から)・東京・神奈川(横浜・横須賀・辻堂)・千葉(千葉市)・埼玉(戸田市)・栃木(宇都宮)静岡(熱海)・愛知・三重県・大阪奈良・広島から、そして東北の宮城県は仙台市からもお問い合わせを頂いています。皆様有難うございます。】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2016.05.05

【平成28年熊本地震】が発生し、半月が過ぎ
カレンダーは5月になりました・・・

まだまだ、あちらこちらで地震が残した傷跡は残っています。



弊社スタッフの家でも、住むことができないとの判定が下ったそうです・・・

そんな中、

各市町村の職員さん・自衛隊・警察・消防隊・レスキューの皆様も全身全霊で
職務に当たって頂いています。



救援物資が届けられたり。


たくさんの地域で募金活動をしてくださったり、


ボランティアの方々が全国から集まって、奉仕活動を
してくださっています。


また、有名人の方も匿名でご奉仕して下さったり、

漫画家のくまモン入のイラストがCMになったり、
(被災地の熊本と大分でだけ放送。)

そのほかにも数え切れない程の方が熊本・大分のために声を上げ、
行動してくださっています。

※画像は全てインターネットのフリー素材を加工のうえ使用させていただきました。

熊本・大分の被災者ために思って下さる皆様に、
心より感謝申し上げます。
有難うございます。

皆様の温かな思いがこの地に集結しています。
被災地である熊本・大分ですが、
皆様の心がこの地域に集まり昇華して、
ものすごいパワースポットに変わることができたら素晴らしいなと思
うのは私だけでしょうか?

激震地の益城町では、り災証明書の受付も始まったようです。
どうか再建・復興に向けて弾みがつきますように・・・



弊社が加入している『日本住宅リフォーム産業協会(通称ジェルコ)
 (※国内最大の「リフォーム関連企業」の全国組織)
の九州支部や中国四国支部から救援物資をいただきました。
今私たちは、頂いたその物資をお客様にお分けしています。

 ジェルコの救援物資関連ページはこちら
 ・JERCO九州支部様(福岡)より救援部隊到着!感謝します
 ・JERCO九州支部の皆様"熊本地震"の救援有難うございます
 ・JERCO中国四国支部より救援頂きました、感謝致します!
 ・ 靴は語る:お客様から元気をいただいています!

その救援物資ですが・・・
中国四国支部では一般の皆様へも救援を募っていただき、
多方面から物資が集ったそうです。

そして、その救援物資の一つに素晴らしいコメントが書かれていましたsign03
                                 


こんなにも心を揺さぶる言葉が、遠く離れた見ず知らずの人から届けられる。
『有難い』という言葉はこのようなことをいうのでしょう!
『思いは時空を超える』ことをしみじみと感じます。

皆様の応援を胸に、私たちも心のエネルギーを満タンに近づけて、
お客様のお役に立ちたいと思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私たちはお客様の想いを知ることから始めます!




リ・ホーム熊本の『ローンプラザ』ご存知ですか?
『資金の問題でリフォームできなかった!』という皆様のために・・・・・ 


投稿者 株式会社リ・ホーム熊本

カレンダー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
お問い合わせ